最近肌がピリピリ・・・敏感肌かも?アラフォーになるとなぜ敏感肌に傾くのか?

40代女性

第二のお肌の曲がり角ともいわれるアラフォー世代。以前に比べて敏感肌に傾いてきている、と気になっている方も増えてくる年代です。

アラフォー世代の敏感肌の原因は加齢によるホルモンバランスの変化。これまでよりもホルモンバランスの変化が起きやすいのがちょうどアラフォーのため、敏感肌に傾きやすい原因の1つと考えられています。

 

そもそも、敏感肌とはどういう状態なのでしょうか。

 

 

実は医学的には、敏感肌という病名はないのだそうです。年を重ねるにつれ、ホルモンバランスが変化することによって、強い化粧品を使うときにこれまでに比べて肌に赤みがでやすくなることがあります。このように普通の人より肌が刺激に反応しやすくなっていると「敏感肌」と呼ばれる状態になっているといわれています。

 

 

乾燥肌で悩んでいる方も増えてきていますが、この乾燥肌の状態では肌のバリア機能が損なわれるなどの原因により、外からの刺激をダイレクトに受けることになってしまいます。髪がふれることでかゆくなる、あるいは化粧水をつけたらしみる、かぶれるといった経験はないでしょうか?最近では美白スキンケア化粧品で肌がピリピリしてしまった、というアラフォー世代の女性が増えてきています。もしかしたら、その化粧品に含まれたわずかな成分に肌が反応している可能性があります。

 

 

さらに、これまで誤ったクレンジングや洗顔を続けてきたことによって、肌が過敏に反応するようになるケースもあります。

 

おすすめ関連ページ

アラフォー敏感肌女性のNG&OKスキンケア!>>>

刺激の正体と美白スキンケア化粧品選びのコツ

スキンケアをする女性

しみを薄くしたい、予防したい!アラフォー世代の女性にとって、美白スキンケアは重要ですよね。さまざまな美白スキンケア化粧品が市販されていますが、どれがいいのか?どういうことを基準に選べばいいのか?について考えてみました。

 

チェック 代表的な美白成分

 

 

ビタミンC誘導体

しみのもとであるメラニンが作られる過程を阻害する働きがあります。美白効果はかなり期待されますが、刺激が強かったり、肌が乾燥しやすくなったりという声も聞かれる成分です。

 

 

ハイドロキノン

メラニンを薄くする漂白・還元作用をもつ成分です。美白効果は非常に高いと言われていますが、以前は皮膚科等での処方に限定されていたくらい、刺激はかなり強いです。

 

 

アルブチン

植物由来の成分です。メラニンの生成を抑えます。刺激は比較的少ないです。

 

 

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出され、こちらもメラニンを作る過程を阻害する働きがあります。刺激は少なめで、保湿にも優れます。

 

 

上記のようなビタミンC誘導体やハイドロキノンが含まれたスキンケアを使用していませんか?乾燥肌や敏感肌の方は、刺激が少ない美白成分や保湿成分が含まれているスキンケア化粧品を選ぶことをお勧めします。また、美白といっても「メラニンを作らないように予防するのか」「できてしまったメラニンを薄くするのか」の2パターンありますので、自分の肌の状態によって選び分けることが重要です。

 

おすすめ関連ページ

アラフォー敏感肌女性はどんな美白スキンケアを選べば良いの?>>>

アラフォー敏感肌女子が気をつけたい!美白のためのスキンケア記事一覧

スキンケア中の女性

肌の状態を保つバリア機能が低下することによって、肌内の水分量が減少し、加齢とともに増える敏感肌。アラフォーになると、若い20代・アラサーのときのような美白スキンケアを続けると肌に負担になってしまうことも。こんなスキンケア、していませんか?日焼け後すぐの美白スキンケア紫外線の強い日に長時間外にいた!こんなときは、帰ってすぐに美白スキンケアしたくなりますが、日焼け後すぐにするのはNGなんです。ご存知で...

調査する女性

まず、美白化粧品としてアットコスメなどで口コミが多く寄せられているものをいくつかご紹介していきます。それぞれの特徴を参考にして選んでもらえればと思います。アンプルールラグジュアリーホワイト美容皮膚科の医師によって開発された化粧品です。特徴としては、しみ防止というよりはできてしまったしみを薄くする効果が高いことがあげられます。またアンプルールラグジュアリーホワイトには、ハイドロキノンが配合されている...