敏感肌だから紫外線が心配・・・そんなあなたのための紫外線対策とできてしまったシミ対策

敏感肌の方は肌が刺激に弱いのが特徴。紫外線の影響も受けやすくて、シミもできやすい肌質です。もちろん紫外線対策も人よりも気を使わないといけません。そんな敏感肌の方のための紫外線対策とできてしまったシミ対策をまとめました。これからの季節に良い方法ないかな?そう悩んでいましたら是非ご参考にどうぞ!

敏感肌の方のための紫外線対策とできたシミ対策記事一覧

日焼け止め

敏感肌とは、普通肌に比べてバリア機能が弱く、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすい状態にある肌のことです。トラブルが炎症を引き起こし、メラニンが過剰生成されてしまうためにシミやくすみができやすいのが、敏感肌の特徴の一つです。シミ防止のためにまずやるべきことは、紫外線対策です。日常的に帽子や日傘、サングラスを使うのはもちろんのこと、日焼け止めも塗りましょう。敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際の最重...

降り注ぐ太陽光

紫外線対策に欠かせない日焼け止め。いろいろと調べていると出てくる成分のうちの一つに、「紫外線吸収剤」があります。紫外線吸収剤は、皮膚表面で文字通り紫外線を吸収します。吸収した紫外線を熱や赤外線などの別の弱いエネルギーに変えて放出をし、肌内部に入り込むのを防いでいます。防御力が強いので、SPF値の高い日焼け止めには必ず使われている成分です。滑らかなテクスチャーを持ち、色も無色透明でクセがなく変に白く...

強い太陽の光

一口にしみと言っても、形状や原因によって様々な種類に分類されます。あなたの顔にできてしまったシミはどんなシミなのでしょうか。シミの種類について、ご紹介します。肌荒れが記憶されたことによるシミ過去に起こった皮膚の炎症や外傷に色素が沈着してできたシミです。「炎症性色素沈着」とも言います。ニキビ跡や傷跡、虫に刺された箇所の炎症がこじれて茶色や黒の跡になってしまったもののことです。美白成分を肌につけること...

看護師さん

数あるシミの中で悩まされている人が最も多いであろう、老人性色素斑。加齢に伴って増えたり濃くなったりする、いや〜なシミですが、どのように対策を取ればよいのでしょうか。老人性色素斑は、ある日突発的に何かが起こって急にできるといったたぐいのものではありません。ずっと前からの紫外線によるダメージの蓄積が顕在化されたものです。若い頃は新陳代謝が盛んで、放っておいても肌のターンオーバーが順調に繰り返されてシミ...

サプリメント

細かい斑点が鼻の周りに散らばるように広がっているシミのことをそばかすと言います。雀の卵の殻の模様を彷彿させるため、雀卵斑とも名づけられています。雀卵斑は遺伝的要因が主であるため、完全になくすことは困難です。化粧品の美白成分のチカラを借りてもあまり効果はありません。しかし、濃くなることを防ぐ方法はあります。紫外線を浴びると濃くなることが多いので、紫外線対策をしっかりと行いましょう。季節を問わず、毎日...