季節の変わり目に起こる肌トラブル、原因はなに?

温度計

 

「季節の変わり目ってなぜかいつも肌が荒れる。」「いつも使っていた化粧品が季節によって合わなくなる。」こういった悩みを抱えている女性は数多くいらっしゃいます。なぜ、季節の変わり目にはこういった悩みが出てくるのでしょうか?季節の変わり目に肌荒れしやすい原因をまとめてみました。

 

 

急な気温の変化

1ヶ月で5度以上の寒暖差がでる季節は、肌トラブルや体調不良が起こりやすいと言われています。平均気温が5度違うと、肌は油分と水分のバランスをうまく保てず、また、湿度の変化は乾燥とベタつきを繰り返し、肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。

 

 

環境の変化によるストレス

季節の変わり目の時に生活環境に変化があったりすると、ストレスによる体調不良が原因で肌荒れを起こすこともあります。特に、春は入学や就職、転勤による引っ越しといった生活環境の変化する時期です。知らず知らずのうちに溜め込んだストレスで体調を崩し、肌荒れにも繋がります。

 

 

大気中の飛散物(花粉・ほこり・黄砂等)

季節の変わり目には、大気中に花粉やほこりといった飛散物の量が増えるので、肌に付着すると影響が出ると言われています。特に花粉アレルギーの方は、目や鼻の症状だけでなく、花粉が付着した肌も刺激物として影響をうけ、肌荒れの原因にもなる花粉症皮膚炎を引き起こす可能性があります。

 

 

特に@の気温の変化は、季節の変わり目には必ず起こりますので注意が必要です。

知っていますか?季節ごとに違う肌トラブルの特徴

 

季節の変わり目は何かと肌トラブルが出る季節です。その理由は、季節の変わり目の「寒暖差」。

 

寒暖差が大きいと肌は乾燥とべたつきを繰り返すようになり、肌の水分と油分のバランスが崩れます。結果、肌のバリア機能は低下して、さまざまな肌トラブルが出てくるようになるのです

 

季節の変わり目の外気温、湿度、紫外線量はそれぞれ違うため、起こりやすい肌トラブルも変化します。季節よって起こる肌トラブルの違いをまとめてみました。

 

春〜夏に起こりがちな肌トラブル

 

春は花粉も多く、寒暖差も激しい季節、急な気温変化が代謝を乱します。また、夏にかけて暖かくなると、皮脂分泌が盛んになります。

  • 肌がかゆくなる
  • ニキビ(吹き出物)ができる
  • 肌が脂っぽくなる

 

夏〜秋に起こりがちな肌トラブル

夏は肌の大敵でもある紫外線量が一番多い季節、外気温も高いので皮脂の分泌量が増えます。また、エアコンの効いた部屋にいることで肌が乾燥する「ドライスキン」状態になる方もいて、肌の角質が厚くなります。

  • 肌の乾燥(ドライスキン)
  • ニキビ(吹き出物)ができる
  • 肌が脂っぽくなる

 

秋〜冬に起こりがちな肌トラブル

夏に受けた紫外線の影響が出てくる時期です。秋の寒暖差、湿度の低下が乾燥を招きます。

  • 肌表面のかさつき、粉をふいたようになる
  • シミ・くすみ
  • 肌が赤くなってピリピリと痛む
  • ニキビ(吹き出物)ができる

 

冬〜春に起こりがちな肌トラブル

冬の乾燥、冬〜春にかけての寒暖差で皮脂量が増えます。

  • 赤くなる
  • 肌の乾燥、表面に粉をふいたようになる
  • 肌がしみる、ピリピリと痛む

 

季節の変わり目ごとの肌トラブルは様々ですが、乾燥を防ぐための保湿は1年通して行う必要がありますね。

季節の変わり目に調子が悪いお肌のスキンケア記事一覧

杉の木

ポカポカと暖かく穏やかなイメージの「春」ですが、急な気温変化が起こる時期だということを知っていますか?特に季節の変わり目である春先は、急激な気温変化の繰り返しで肌の代謝が低下するので、肌が荒れやすくなります。これまで肌荒れとは無縁だった人も、春先になって突然、かゆみや吹き出物などが出てくるのはこのためです。春になると空気中の浮遊物も多くなります。その代表例が花粉症、国民病ともいえる花粉症、この時の...

そうめん

夏は暑さのため体調を崩しやすい時期です。暑さによる食生活のの乱れから肌荒れが起こりがち、食生活を見直して夏の肌荒れを防ぎましょう。食生活で夏の疲れ肌を改善夏の暑さに食欲が落ちて、食べやすいからと冷たいそうめんや蕎麦ばかり食べていませんか?肌を作る栄養素が不足すると肌のターンオーバーが正常に出来ず、肌荒れの原因となります。ビールの美味しい季節だからと、アルコールの摂りすぎもNGです。脂質や糖質の摂り...

加湿器

「秋」は、夏に受けた紫外線の影響が肌荒れとなって現れる時期です。冬に備えてスキンケア以外にも出来る日常生活の肌荒れ対策を紹介します。9月の肌と対策9月に入ると、残暑はまだ厳しいですが、朝晩の暑さは和らいできます。夏バテによる体力の消耗から、肌も疲れた状態になります。夏バテを解消に、冷たいものばかりの食事は控え、バランスの良い食事をしましょう。朝晩の暑さは和らいできますので、質の良い睡眠をしっかり取...

枯れた葉をつけた木

冬は1年のうちでも特に乾燥による肌荒れがおきやすい時期です。少しの刺激で肌がピリピリする、粉をふく、赤くなる、かゆいといった冬の肌荒れ、主な原因は乾燥によるものです。秋〜冬、冬〜春にかけての季節の変わり目には、肌も揺らぎがちで肌荒れになりやすいのです。冬の肌荒れを防ぐには、朝・夕のスキンケアはもちろんですが、日常生活の中でも気を付けるべきポイントがあります。冬の乾燥から肌を守る生活のポイント加湿器...

透明感の高い水が揺らいでいる様

季節の変わり目はゆらぎ肌になり、肌荒れが出やすい時期です。季節によって肌荒れの種類も様々ですが、根本的な原因は、季節の変わり目の寒暖差の影響で肌の水分と油分バランスを保てなくなっていることです。季節の変わり目に起こりやすい肌荒れを防ぐため、ポイントとなるのが保湿です。化粧品は、保湿成分配合のものを選ぶ保湿成分配合の化粧品を使って肌の水分と油分を補うことで、肌に潤いを与え、結果、肌荒れ防止になります...