サエル美白スキンケアラインの成分を徹底調査!あなたのお肌にも大丈夫?確認をしてみましょう!

 

本製品

カネボウ化粧品の白斑被害が大きな問題になり、白斑という皮膚への後遺症が注目されるようになりましたね。白斑の原因になったのはロドデノールという成分。お肌のシミの原因となるメラニンも生成されないので美白成分としてとても期待されていました。

 

 

ですが問題を引き起こしたのが美白成分だっただけに、美白を目指す人にとっては、あの事件以降使われている成分に敏感になり、不安が増すこともあったのではないでしょうか。

 

 

もちろんサエルにはこのロドデノールは配合されていません!

 

 

ですが、成分の量によってはお肌に合わない、アレルギー反応が起きてしまう、そういった懸念もあるでしょう。サエルが安心・安全と言われているとはいえ、やはり個人差はあります。

 

 

こちらのページではサエル美白スキンケアライン全商品(5つ)の全成分を調べました。あなたに合いそうかどうか?参考になれば幸いです。

安全性は問題ない?サエルシリーズ全成分分析表記事一覧

化粧水イメージ

サエル ホワイトニング ローション クリアリストですが、本当に敏感肌にも利用できるのか?その成分は肌にどう効果があり安全なのか。全成分をチェックして、あなたの肌に合うものかどうかを見てみましょう。肌に働く有効成分アスコルビン酸2-グルコシルドアスコルビン酸(ビタミンC)は安定型ビタミンC誘導体で従来のビタミンCより安定性があり、体内に入るとビタミンC作用を持続的に発揮してくれます。肌に直接取り入れ...

美容液イメージ

敏感肌はシミが目立ちやすいために、肌の透明感が薄れます。特有のくすみに対応した、保湿、抗炎症、メラニン抑制対応のサエル美白エッセンスは、どの様なアプローチでお肌を透明感に導いてくれるのでしょうか?肌に効果的に働く有効成分アルブチンメラニン色素の合成に関わる酵素チロシナーゼに作用して、シミやそばかすの原因メラニン色素の合成を阻害する働きがあります。ハイドロキノンは、シミのもとであるメラニン色素を除去...

美容クリームイメージ

保湿成分をしっかりと閉じ込める為のクリームは、成分を浸透させて密閉するのが目的です。有効成分を寝ている間に肌の奥に逃さない事が大切になります。酸化を防いで疲れた肌をリセットする為の大切なクリームこそ成分にこだわりたいものです。美肌・美白効果のある有効成分アスコルビン酸2−グルコシド皮膚から短期時間で、皮膚に吸収され細胞内でビタミンCに分解されますが、不安定で水溶性の成分ですからグルコース(ブドウ糖...

日焼け止めイメージ

透明感とツヤを与えてくれる、ブルーパール紛体配合でクリアな透明感を引き出すテクスチャー。みずみずしい肌質感を引き出し、敏感肌を外部の刺激から守るデイミルクはナチュラルな色も魅了的です。デイリー使いにルースパウダーと合わせて使用する機会が多いものですから、成分もしっかりと把握したいですね。デイミルクのベースとなる成分シクロペンタシロキサン合成ポリマーの事で撥水性皮膜形成剤。さっぱりした使用感が特徴の...